体調不良を我慢しない

悩む女性

生理周期を把握する

生理前症候群とは女性が生理前に体調の不良を起こす症状の事で、多くの女性が不快感や悩みを感じています。女性は毎月28日前後を周期として生理が起こります。生理中は大量の出血が起こるため、ナプキンやタンポンを使用して対応をします。出血の不快感以外にも下腹部の生理痛や腰痛が起こり、食欲不振や頭痛などを併発する人もいます。生理前症候群はこの様な生理痛とは違い、生理前に出血は起こっていないのに下腹部痛や吐き気や頭痛や身体の重さを感じて日常生活に影響を与えます。女性の中には生理痛については知っていても生理前症候群については知らない人も多くいます。もし生理前に体調が優れない事を感じている人は生理前症候群を疑ってみると良いと思います。生理前症候群は上手に対策を行うと改善する事も多く、そろそろ生理前だなと思う頃には自分の身体の状態に意識を向けて見る事が大切です。カレンダーに生理の開始日や終了日を記入し、身体の不調を感じた日や逆に体調が良かった日など気が付いた事を細かくチェックしておくととても便利です。生理前症候群の体調不良を我慢して過ごす必要は全くないので、症状に合わせて上手に薬を飲んだり、休息を取ったりする事で多くの不調は改善されます。また生理前症候群は自分の身体が分かってくると、体調不良が起こりそうな気配を感じる事が出来ます。本格的に体調が悪くなる前に早めに無理をせずに薬や休息などで自分の身体を守ってあげる事が大切です。